C型肝炎「ウィルス検出せず」に!・・・その後

10月末、夫の検査結果が「ウィルス検出せず」になってから3ヶ月が過ぎました。

 

SVR12

 

肝数値からするともっと早くになってた可能性大ですが、開始時から7週目までウィルス量測定がなかったので。

 

 

ついに、先生から晩酌のお許しがでましたドキドキドキドキドキドキ

   先生は禁止されてはなかったんだけど、一応やめていました。

 

その日はワインでお祝い!赤ワイン

お〜、足までまわるぅビックリマークラブ

 

そして先週は何年かぶりの

あこがれの日本酒を堪能しておりましたよ!

 

 

幸せじゃの〜日本酒

 

 

先週だったか、朝日新聞の朝刊「患者を生きる」の欄で、C型肝炎の方の記事が掲載されていました。

インターフェロンの治験から参加されていたかたもあり、何度も挑戦し効果を得られなかったが、やっと新薬にたどり着き、ウィルスが消えた方々のレポートでした。

(消えた後はやはりビールが美味しかったと)

壮絶な努力のようでした

 

この方たちの治験協力のおかげもあるのですね、

今日C型肝炎患者が夜明けを感じられるのは!

もちろん研究者、お医者様のたゆまぬ努力の賜物でもあります。

本当に感謝しております。

 

うちはインターフェロン拒否から始まって、漢方治療、それプラスヒーリング、

最後1年半以上はシータヒーリング®のみで、

うつや吐き気などに苦しむことなく、繊維化もしないで、新薬ハーボニーへつなげることができました。

仕事を続けながらです。

 

新薬は素晴らしいけれど、他の持病との兼ね合いで、

それを使用することもできない方もいらっしゃいます。

別の方法に挑んでいらっしゃる場合も多いとおもいます。

 

けれど、私は、やはり潜在意識にアプローチすることが、合わせて大切だと痛感しています。

病気を、ウィルスを手放せるように!

 

詳しくはこちら

 

シータヒーリング®に巡り合ったこと、これもまた、本当に幸せなことだと思います。